怠け者こそ働け

潜在意識

僕ははっきり言って怠け者です。

でも、その割によく働くなあ〜って思っています。

 

なぜ働くのかというと、楽しいから働くというただシンプルな理由です。

 

でも、常に、働く時に考えていることがあるんです。

 

それは、いかに楽にするかということです。

 

効率化ですね。英語で言うと。

 

最小限の努力で最大の成果をあげれるようにと考えるのが効率化です。

 

で、
結局楽をするために頭を使っているんですね。

 

思考とは、いかに楽をするかを考えることです。

 

僕は怠け者であることが、才能だと思っています。

 

ここは楽にできないかな?
効率化できないか?

 

様々な局面において、そう考えるクセがあります。

 

怠け者だからね。笑

 

色々な方を見ていると、
「楽をしたい、怠けたい」って言う人ほど、無駄な作業をずっと続けていたりします。

 

骨折り損のくたびれもうけ、という諺があります。

 

無駄な努力をすれば、それは無駄なんだと自ずから証明するまでですよ。

 

怠けたいとか言って、本当に怠けてちゃダメなんです。笑

 

頭を使うんです。

 

どうやったら楽にできるか、なんでこんな面倒なことをしないといけないんだ?
って、疑問を持ってください。

 

そうすれば、いいアイデアが出てきます。

 

このブログとかだって、例えばこの記事が、3年後の見ず知らずの誰かに役に立つこともあるんだって考えると、効率的でしょう?

 

インターネットは、時間と空間を軽々と超えてくれるんです。

 

今時、誰だってパソコンやスマホの一台ぐらい家にあるでしょう。

 

それを使えば、余計にお金もかからない。

 

経済的に、楽してお金を稼ぐことができますよ〜。

 

自分は怠け者だって思うなら、それは才能だから、ちゃんと生かしましょう。

 

自分の頭を使うことは無料です。

 

思考量に応じて課金されるとかないんですよ。笑

 

頭脳とは、無償の愛で提供された天の恵みなのです。

 

それを有り難く使わせてもらいましょうね。

コメント