自由に収入を得るための簡単なフレームワーク

molog

 

写真は、今日の昼前頃、空を眺めててスマホで撮ったものです。

なんかちょっと雲が黄色がかってませんか?!笑

 

そんなことないですかね・・汗

UFOでも降りてくるのかと思いました。

 

ネットで調べてみると、「彩雲」とかいうのだとか。

吉兆なんですって。
ラッキーラッキー♫

 

さて、本題です。

 

収入に悩みがある人は、「収入」というものに対する視野が狭いのかもしれません。

 

自分の収入っていうのは、自分で決めることができるんですよ。

 

(売りたいものの値段)×(売りたい人数)

これだけです。

 

これがあなたの収入です。

 

売りたいものの値段を決めて、売りたい人数を決めればいいのです。

 

ほら、いくらでも稼ぎたいだけ稼げるでしょ?

 

実際には、その売上をあげるために必要なコストがあります。

 

初期投資
店舗なら家賃など固定費
人を雇うなら人件費
ネットならサーバー代
広告費・紹介料

・・・etc.

 

まあ色々ありますよね。

 

売上からこのコストを引いたものが利益で、それが収入ということにはなります。

 

このフレームワークが頭にできていれば、いくらでも自由にお金を稼ぐことができると分かります。

 

しかも、これはあくまで『仕組み』であり、自分の外側で動いているわけですよね。

 

だから自分の時間とは“別の”時間をつかって、「(売上)ー(コスト)」が回ってるんです。

 

だから、
自分の時間も自由でなおかつ、お金も自由に稼げるということです。

 

収入に悩みがあって、
会社の給料が上がらない、
給料がいいところはないかと見比べている

 

という人は、

 

他者がつくったこのフレームワーク上で(コスト)の中に入っているんです。

 

人件費の部分に入っているということですね。

 

よくサラリーマンは会社の歯車だなんて言いますけど、こういうことですよね。

 

だから、自由に収入を得たい人は、自分のために収入をもたらしてくれる仕組みをつくらなければいけませんよ。

 

会社というのは、お金の流れだけ見れば、こういうフレームワークでお金を生み出す箱みたいなものです。

 

お金持ちの人というのは、

この箱をいくつもつくったり、
この箱を売ったり、買ったり、

 

とすることで、
時間的にも経済的にも自由を手にしている人が多いのですね。

 

ああ、いくらでも稼げるんだ〜

 

って、頭で分かることが第一歩です。

コメント

  1. 名もなき旅人a より:

    「お金持ちの人というのは、時間的にも経済的にも自由を手にしている人が多い」
    ここですよね。この仕組みを早く作ってしまおうって思います!

  2. 名もなき智 より:

    アフィリエイトを使う前提で
    儲かる仕組みを作って
    行きたい所です。

    突飛な始め方をすると
    いつぞやで 聞いた階段を飛び越す行為。
    順番を間違え無い形で進み上がります。

    今は 同じ取扱いジャンルで
    ブログや まとめサイトを 探し回っています。
    案外 コレが多い…
    逆に話題性が優れているとも捕れます。

    • morie より:

      智さん

      儲かる仕組みづくりやっていきましょう!

      そうですね、一段一段、着実に、やっていきましょう。

      リサーチをかけて、しっかりとモデリングを(o´∀`)b

  3. 名もなき旅人Kより より:

    恒常性の維持とも通じると思いますが、取り敢えず昨日と同じ事をやっとこうと思っていると、いつの間にか搾取される側になってたりしますね。そういう個人が集まり集団となり、それを正当化するための論理が形成され、それに合わないものは排除する、短絡的かも知れないけれど、全体主義的な2極化が生じる。今、世界で、日本で起きている事のように思います。、このスパイラルから脱する為に、例え規模は小さくても、個人がお金もうけ出来る装置を持つ事の意義は大きいと思います。個の時代とは、皆が自分勝手に生きる事ではなく、各自がそういう経済観念を持って、お互いに生かし合う事だと思います。

    • morie より:

      Kさん

      そうですね、同じものは同じところで集まるようになります。

      個の時代はまさに、その通りだと思います。

      個人が経済的に自立して、お互いがサポートしあう社会ですよね。

      群れたり、もたれ合いではなく、あくまでも自立した者同士が協力しあうこと(o´∀`)b